片付け苦手な人向け【デスクの整理整頓の方法】手順とコツ

デスク整理整頓。片付けのコツ 生活アイテム
スポンサーリンク

デスクのごちゃごちゃ、なんとかしたい!

片付けてもすぐに散らかっちゃう。

ついに、完成しました。引越して2か月経つ、我が家のデスク。

じゃん。

ちなみにビフォーはこちらです。

住み始めてまだ2か月なのに、よくぞここまで散らかせたものだ・・。

こんにちは、片付けが大苦手な在宅フリーランス、おだぎぃ(@odagie)です。

本日は、私が実践した3ステップの片づけ手順についてです。
もともと片付けが苦手な私ですが、3つの手順に従うことで、デスクをすっきり片づけることができました。

片付けが苦手な人でも、ちょっとしたコツをおさえれば、簡単に片づけ上手になれます。

今回のデスク以外に、クローゼットやお部屋全体にも応用ができるので、ぜひご覧ください。

1. まずはゴミ、不用品を処分する

片づけの第一歩は、よく言われる「使っていないもの、ゴミ」の処分からです。

「所有とは責任であり、モノは負荷になる
 どんな重荷を背負うか僕は自分で決める」
(映画:365日のシンプルライフ

いつでもたためる身軽な暮らしを目指して、モノを処分していましたが、引越しを期に、沢山減らしました。

”もったいなさ”よりも、”持ち続けて管理することの大変さ”を考えることで、片づけが加速します。

片づけ下手な人は、荷物はやはり少ない方が良いです。収納の悩みが減るし、ホコリを掃除して管理しなければならないモノの数も減る。

捨てる時は、下記を判断基準にしました。

  • 見るからに古くて汚いもの (例:電卓やホチキス)→触りたくない
  • いつか使うと思っているもの(例:同じ色の蛍光ペン)→いつかが来たら買う
  • 掃除や手入れが面倒なもの(例:電動シュレッダー)→ハサミで対応

いちばん処分が進んだのは、やはり劣化が進んで汚く見える物。電卓は手アカがつくし、拭くのも面倒なので、スマホで対応。シュレッダーは、中身を出すたびに散らかるのが嫌で処分しました。

2. 使う「シーン」ごとにカテゴリーを分ける

「まずは同じものを一か所にまとめて、物量を把握しましょう」みたいな話をよく聞きますが、私はそれはやりません。
同じものが沢山あっても、消耗が早くて使い切れるかもしれないし、まとめてみても、使用するイメージがつきにくい。

片づけ下手な人にぜひおすすめしたいのが、「使うシーン別にセットを作る」ことです。
使うシーンごとに物を仕分けすると、自分がそれを所有する理由が、具体的に見えてきます。

私がやった結果はこちらです↓

使うシーンごとに、セットを作ってみると、”セットに入らない=使うシーンが無い” ものが出てきます。

  • 「ボールペンは、打合せと家でメモ用に1本で、インクが切れたらコンビニで買えばいいな」
  • 「Macを使う時は、このケーブルがあれば良いから、こっちは要らないな」

シーンを考えると、使わないものの判断がしやすくなります。

シーン分けすると持ち物が、使いやすいお気に入りに厳選されるので、ぜひやってみてください。

3. 中身が見えない収納を取り入れる

「使うシーン分け」をして、持つモノを厳選したのに、荒れ放題のわたしのデスク。

”散らかっている”、とはつまり、”視界に入る情報が多い”ということ。
どんなにモノを減らしても、それらが見える場所(床やテーブル)に広がっていれば、全然片付いて見えません。

備え付けの収納に収まる量までモノを減らす、が出来れば良いですが、片づけが下手な人は収納が少ないことが原因になっている場合が往々にしてあります。

使うものを厳選してもモノが表にあふれる人は、追加で収納を用意することをおすすめします。

賃貸ワンルームの我が家は、簡易キッチンの棚以外、備え付け収納が全くありません。

そして、買うべきは「中身が見えない収納」です。

カラーボックスを買うならば

オープンなものではなく、

扉付き。

(Amazons商品)

引き出しやチェストを買うなら、

透明なものではなく、

中身が見えないものを買う

(Amazons商品)

閉じたり引き出したり、スムーズな動作ができるかも重要。使いにくかったら意味がないです。

デスクの整理用に、引き出しをAmazonで購入しました。

ぼん家具 書類チェスト フロアケース チェスト 収納 キャスター スチール デスクワゴン A4 〔5段〕 ブラック

  • キャスターが付きで掃除しやすい。
  • 軽くて所有することが苦にならない。
  • ラクに引き出せる。

これを取り入れたことで、机の上があっという間に片付きました!

すぐに片付けたい人は「3. 見せない収納」からでもOK

  1. 不要なものを捨てる
  2. 使うシーンごとにセットを作る
  3. 中身が見えない収納を用意する

私のデスクは1から3へ、順番に整理を進めましたが、人によっては3から進めるのもアリだと思います。まずは収納に詰めてしまって、徐々に引き出しの中身を整理する。

ただし、最終的な物量がわからないまま収納を用意することになるので、やはりおすすめは1からの順番です。

2か月間、散らかり放題だった机の上が、きれいに片付いて、とても居心地がよい環境になりました。

片付け苦手だな~と思っている人も、実は簡単に片付け上手になれます。
ぜひ、すっきり片付いたデスクで仕事や趣味を楽しんでください。

以上、簡単片付け3つの手順でした。

それでは、Enjoy片付いた机のある生活♪
ご清聴ありがとうございました!

\Twitter@odagie)ではブログの更新情報や日常を発信中/
ブログの感想や、いいねを頂けると泣いて喜びます。お気軽に交流ください。

フォローよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました