ブログ用テスト環境が欲しい【サブディレクトリの作り方】Gitとか難しいこと不要で好きなだけカスタマイズ試せます

ブログテスト環境サブディレクトリの作り方 ブログmemo
スポンサーリンク

ブログのカスタマイズ、色々試せる環境ほしいな。

いまのテーマと違うテーマに変えたらどうなるかな?

こんにちは!Cocoonの改造大好き、おだぎぃ(@odagie)です。

最近、Cocoonで作っているこのブログを大改造しています。

サブディレクトリのテスト環境で組んでみて、成功したら本番環境に移植するかんじ。

サブディレクトリにテスト環境を作ったおかげで、
好きなだけカスタマイズを楽しめて、失敗しても気にならず、途中でやめて「続きは明日」もできる。

サブディレクトリ、最高です!

というわけで、本日は完全に自分用の備忘録。

ブログテスト用の【サブディレクトリの作り方】です。

ブロガーはテスト環境があると本当に便利です。バックアップ環境にもなります。

費用なし。ブログ始めてる人なら簡単に作れます!

それでは「サブディレクトリの作り方」です。

スポンサーリンク

「サブディレクトリを作る」とは

自分のサイトのメインフォルダの中に、もう1つフォルダを作ります。

《サブディレクトリのイメージ》
サブディレクトリ作成イメージ

そうすると、「https://odariko.com/サブディレクトリ」という、URLが完成。

つまり、新しくドメインを購入せずに、持っているドメイン下で、自由に実験できるURLをもつことができるのです。

さらにこのサブディレクトリには、メインのWordPressとは別に、WordPressをインストールできる。

《別々のWordPressを入れられる》
サブディレクトリの特徴

サブディレクトリで、メインと全く違うデザインのミニサイトを作ったり、鍵をかけて非公開ブログにできたりします。

今回はこのサブディレクトリに、ブログのテスト環境を作ります。

サブディレクトリでテスト環境を作る方法

作業の全体像はこんなかんじ:

《テスト環境づくり》

①サブディレクトリ「hiyoko」を作る

サブディレクトリ構築1

②hiyokoにWordPressをインストールする。
Cocoonなどテーマも設定する。

③odarikoの記事をエクスポートして、hiyokoにインポートする。

サブディレクトリ構築2

④hiyokoを非公開に設定して、テスト環境完成!

今回は私が使っているXserverでの説明ですが、基本的にほかのサーバーも一緒です。

①サブディレクトリ作成②WordPressインストール

サブディレクトリを作る

①サブディレクトリを作って、②WordPressをインストールします。

というより、②WordPressをインストールすると①サブディレクトリが自動的に作られます

Xserverの「WordPress簡単インストール」を利用します。

WordPress簡単インストール

1.Xserver管理画面にログイン。サーバー管理をクリックしてサーバーパネルを表示します。

2.「WordPressの簡単インストール」へ進みます。

《Xserverサーバーパネル画面》
サブディレクトリにWordPress簡単インストール

3.WordPressインストールタブをクリックし、情報を入力します。

《WordPress簡単インストール》
サブディレクトリにWordPress簡単インストール
  • サイトURLは、作るサブディレクトリ名「hiyoko」を入れます。
  • ワードプレスにログイン用のユーザー名、パスワードを設定。
  • 一番下の「データベース」は、DB名などにこだわらない人は「自動でデータベースを生成する」でOK。
    こだわる人は、さきにDBの作成を行います。作成方法は下記Xserverサイトに掲載あり。

>Xserver【MySQL(データベース)の設定】

これでサブディレクトリにWordPressが作成されました。

テーマをインストール

サブディレクトリのWordPressにログインし、CocoonやSwellなど使いたいテーマを設定します。

記事をサブディレクトリにコピーする

メインブログから記事をエクスポート

サブディレクトリができたので、テスト用に記事をコピペ(エクスポート&インポート)します。

記事をエクスポート

1.メインのWordPress管理画面で。ツールエクスポート 画面へ。

WordPressエクスポート

2.エクスポートする内容を選択

「すべてのコンテンツ」をエクスポートでも良いですが、
おすすめは「投稿」で、期間や公開ステータスを設定してエクスポートします。

《WordPressエクスポート画面》
WordPressエクスポート画面

xmlファイルをダウンロードできたら、サブディレクトリにインポートします。

記事をインポート

1.サブディレクトリのWordPress管理画面にログイン。ツールインポート 画面へ。

サブディレクトリのWordPressにインポート

2.インポート画面で「WordPress」今すぐインストールをクリック。

サブディレクトリのWordPressにインポート

3.インポーターを実行。
「今すぐインストール」をクリックすると、「インポーターの実行」に変わるので、言われるままに実行。

WordPressにインポート。インポーター実行

ダウンロードしたxmlファイルをインポートします。
ファイルを選択。

WordPressにインポート。xmlファイルを選択

「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックすると、さらにインポート画面が続きます。

対象の投稿者を選択し、添付ファイルをインポートするか選んで実行します。
画像ファイルもメインサイトからサブディレクトリに入れ直したい場合は、✔です。

WordPressにインポート。インポート実行

サブディレクトリを非公開にする

サブディレクトリでテスト環境作り4

最後の設定です。

2つの設定をして、作ったサブディレクトリに他の人がアクセスできないようにして、
ネット検索にも乗らないようにします。

2つ設定をする

① ベーシック認証をかける
② 検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする

1つずつやっていきます。

ベーシック認証をかける

アクセス制限

利用しているサーバーで、アクセス制限(ベーシック認証)を設定します。

ベーシック認証とは

簡単にいうと
特定のURLにアクセスされた場合、IDとパスワードの入力を求めるやつです。

設定するとアクセスした時に、ログイン画面が出るようになります。

Xserverでベーシック認証をかける

ここではXserverで設定します。

ほかのサーバーでも、設定方法があるはずなので、
(利用しているサーバー名)ベーシック認証 とかで検索してみてください。

.htaccessを書くという方法もありますが・・。

Xserverは管理画面から簡単に設定できるし、機能充実、本当に使いやすいです。

では具体的な方法:

ベーシック認証をかける

1.Xserver管理画面にログイン。「サーバー管理」をクリックして「サーバーパネル」を表示します。

2.下記の公式ページ説明に従って、アクセス制限(ベーシック認証)を設定します。

アクセス制限(BASIC認証) | レンタルサーバーならエックスサーバー
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|ご希望のフォルダに対してBASIC認証を設定できる「アクセス制限」機能に関するご案内です。

ID・パスワードは忘れないようにメモしてください。

説明をだいぶXseverの公式ページで簡略しました。

検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする

検索エンジンにインデックスさせない

上記のベーシック認証をかけると、Googleのロボットもアクセスできなくなるので検索にはのらないはずですが、一応WordPressの設定もします。

検索エンジンにインデックスさせない

1.(サブディレクトリにインストールした)WordPressの管理画面にアクセス。

2.設定表示設定 で、
□検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする に✔を入れます。

検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする

以上で、自分だけが閲覧できるテストサイトの完成です。

サブディレクトリを作って、ぜひレイアウトやcssをカスタマイズお楽しみください。

お疲れ様でした。

タイトルとURLをコピーしました