初心者のブログ環境構築【前編】サーバーとWordPressの用意

環境構築_前編 WEBブログ
スポンサーリンク

サーバーをレンタルしてブログを始めるのって、そんな難しいことじゃないでしょ。
と思って始めたら、なかなか時間と労力が要りますね。

まずはブログを書く環境を作らなくては、何も始まらないので頑張ります。

いちお元エンジニアです、おだぎぃ(@odagie)です。ブログは初めて。

本日は、WordPressブログ初心者向けに、ブログの開設方法をまとめます。

作業が少し長いので【前編】と【後編】に分けました。

【前編】
①サーバーのレンタル申込
②ドメイン〇〇.com取得
③ドメインのサーバー登録
④ WordPressをサーバーにインストール

【後編】
⑤WordPressをインストールしたフォルダとURLのヒモづけ
⑥WordPressの常時SSL化(http→https)

本日は【前編】の作業を行います。

これからブログを始めるためにサーバーレンタルから始めようという方は、ぜひご参照ください。

① サーバー申し込み

このブログは、Xserverを使用しています。

以前働いていたWeb制作会社で馴染みがあったのと、

個人的な意見ですがサーバーは長年の実績がある会社が良いと思います。サーバーダウンやトラブルなど、色々な苦難を乗り越えて経験値をもっているはずなので。

大きなトラブルもなく満足。

まずはXserverのホームページへ。

エックスサーバー

エックスサーバートップページ

トップページの「お申込みはこちら」をクリックし、申込み画面へ進みます。

期間によって内容は変わるようですが、Xserverは初期費用半額や、ドメイン無料プレゼントなどキャンペーンを行っています。

新規サーバー申込みでドメイン無料のキャンペーンは毎年かかるドメイン管理費が無料になるのでとてもお得。キャンペーンが行われているか、ぜひチェックしてみてください。

お客様情報を入力。
レンタルするサーバーのIDも決めて入力し、プランを選びます。

サーバーIDは、このあと取得する独自ドメイン(自分のブログのURLになる〇〇.comなど)とは別モノですが、独自ドメインと同じ名前にしても問題はありません。

(例)
サーバーID:jibun-blog.xsrv.jp
独自ドメイン:jibun-blog.com

プランは途中で変更できます。はじめのブログ運営はX10で十分。

利用規約・個人情報の取扱いに同意して、内容を確認、「お申し込みをする」をクリックすれば、サーバーのレンタルが完了です。

申込みが完了すると、ユーザーアカウント情報などが記載されているメールが送られてきます。大切に保管してください。本当に大切。

② 独自ドメインの取得

自分のブログのドメイン 〇〇.comを取得し、管理してくれる会社を選びます。

おすすめは、利用するサーバーと同じ系列の会社で取得。エックスサーバー利用者であれば「エックスドメイン」という形です。

\エックスドメイン/

あとは、サーバーと関係なく取得するのなら、レジストラからの取得ですね。

詳しくはこちらの記事をご参照ください

エックスサーバーのドメイン無料プレゼントを使う場合

Xserverを申込むと、はじめは無料お試しの10日間になっています。無料期間中はドメインプレゼントに申込みができないので、さっそく料金を支払います。

サーバー申込み完了時に送られてきた、メールに記載されているID情報で、Xserver(旧インフォパネル)にログインします。

Xserverログイン画面

Xserverのログイン画面は何度も利用するので、ブックマークしておくと便利です。

Xserver管理画面の左側のメニューから、「料金のお支払い/請求書発行」をクリックします。

Xserver料金の支払い

表示される支払対象のサーバーと料金プランを選択して、決済すれば支払い完了です。

料金の支払いが完了したので、キャンペーンの無料ドメイン申込みができます。
↓キャンペーンドメインの申込み手順は、Xserverのページをご参照くださいませ↓

永久無料ドメイン(キャンペーン特典) | レンタルサーバー【エックスサーバー】
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|不定期で実施している「ドメインプレゼントキャンペーン」の適用対象となったユーザー様がキャンペーンを利用するための手順について記載しています。

ここまでで、Xserverの申込みと独自ドメイン取得ができました。

③ 取得したドメインをXserverに登録する(ドメイン設定)

ひきつづき、Xserverの管理画面で作業します。

また詳しい説明はXseverのページで・・。
↓下記リンクページ内の手順1~4をやります↓

!ポイント!

上記でドメイン名を入力する際に、画面下の「無料独自SSLを利用する」のチェックを入れたままにします。

ドメイン設定でSSLにチェック

☑無料独自SSLを利用する
にチェックしておくと、後ほどブログのURLを[http://~]→[https://~]に設定する以下の2つの作業のうち、サーバー側の設定がこれで完了します。

  • サーバー側のSSL設定
  • WordPress側のSSL設定 ※WordPress側の設定は必要です。追って説明。

ドメインのサーバー登録完了を確認する

自分が取得したブログのドメイン〇〇.comのサーバー登録が完了すると、サーバーに初期フォルダ群が自動で生成されます。

対象ドメイン名/.spamassassin 迷惑メール設定についてのファイルが保存されます。
対象ドメイン名/autoreply 自動応答設定についてのファイルが保存されます。
対象ドメイン名/htpasswd Basic認証のパスワード設定ファイルが保存されます。
対象ドメイン名/log アクセスログが保存されます。
対象ドメイン名/mail メールデータが保存されます。
対象ドメイン名/public_html サイトデータのアップロード先です。
対象ドメイン名/script cgiツールなどの各種スクリプトが保存されます。
対象ドメイン名/xserver_php php.ini設定のファイルが保存されます。

作られたフォルダは、Xserver管理画面のトップに表示されている、サーバー情報のファイル管理から確認することができます。

④ WordPressをサーバーにインストール

ここまでで、
①サーバーレンタル
②自分のブログのドメイン(URL)取得
③ドメインのサーバー登録 が完了しました。

いよいよWordPressをサーバーのインストールに着手します。

④-1. MySQLデータベースを設定する

「WordPressの簡単インストール」は、MySQLデータベースも自動で作ってくれるのですが、自動作成では「_wp1」「_wp2」のようにデータベースの名前が自動付与されてしまいます。

今後ブログを増やしたり変更する際に、自分で管理しやすい名前のデータベースを作ります。

↓下記ページの下部 [参考] MySQL(データベース)の設定を行います。

④-2. WordPressの簡単インストール

ようやく、WordPressがインストールできます。

↓先ほどの参照ページ内の、手順1~5を行います。

!ポイント!

手順内で入力する「 インストールURL 」には 、「/wp」など、何らかのWordPressっぽい名前を入れると便利です(その名前のフォルダが自動生成されて、そこにWordPressがインストールされます)

インストールURLに何も入力しないと、 WordPress関連のファイルが、 前述のドメイン設定で自動作成された「public_html」フォルダ内に、直接バラバラと展開されます。

サーバーに元々あるファイルと混在して、どれがWordPressのファイルか、わかりにくくなるので、WordPress用のフォルダを作ります(=インストールURLに入力する)

万が一トラブルで「WordPress関連のファイルを削除して再インストールする」なんて時に、1つのフォルダにファイルがまとまっている方が扱いやすいです。

前編完成

ここまでで、Xserver+WordPressの土台が揃いました。
次回(後編)はWordPressの細かい設定など、環境構築をすべて終わらせます。

【後編】はこちらから

Enjoy, ブログ作り!

こちらもおすすめ

タイトルとURLをコピーしました