FXおすすめ本:私の投資バイブル【FXくるくるワイド投資術】

私のFXバイブルおすすめ本 ラク生活
スポンサーリンク

こんにちは、おだぎぃ(@odagie)です。

FXで3年間で積み上げた利益と貯金すべてを失い、
ポジション0(ゼロ)になったところから改めてFXを再スタートしています。

大損の理由は明らかは、ルールに反するトレードをしたからです・・。

トレードバイブルを何度も読み返し、ふたたびトレード再開。

これまではコツコツ利益を重ねていたんですよ。

というわけで、今回はこれまで出し惜しんでいた私のFXバイブルを大公開いたします。

私のバイブル
FXくるくるワイド投資術 年率200%稼げる常勝の法則 [ 魚屋 ]です。

魚屋・・って誰。

スーパーの鮮魚売り場で働きながらFXを続けて、最終的に個人投資家として独立したそうです。夢がありますね。

正直内容は、FX投資の経験がある中級者向けです。

  • FXで買った瞬間にオロオロ不安になってしまう。
  • 儲ける以上に、損切りばかりしてしまう。
  • 購入するポジションの数量は何となくで決めてしまっている
  • 売り/買いを適当なタイミングで決めている

といった方々にぜひ読んでいただきたい。

私はこの本のおかげで、ポジションを持ち続ける恐怖が無くなりました
本当に教えるのが惜しい。

FXくるくるワイド投資術

これまでFX関連の書籍を数々読み漁りましたが、この本は本当にすごいです。

著者の魚屋さんが自身の実践トレード手法を惜しみなく公開している

小手先の概念ではなく
著者の魚屋さんがご自身で実際に使っている手法を、投資の開始から終わりまで、すみずみ公開しています。

ここまで具体的に自分のトレード方法を大公開している本は珍しい。

どうすればマイナスにならずにプラスでトレードを終えることができるのか、

魚屋さんが試行錯誤でたどり着いた方法が包み隠さず書かれています。

本来なら人に教えるのが惜しくなる内容を。
稼いだ人の懐の深さですね。 すごい

トレードの仕方は、
細かくトラップを仕掛けるいわゆる “トラリピ” に似ていますが、トラップと逆方向のポジションを持つ “両建て” や、さらにその収益内でトレードをするというオリジナルの方法を展開されています。

トラリピや両建てをすでに知っている人は「なんだ、そういう本か」と思うかもしれませんが、この本からはそういった手法以上のものを私は得ました

広告

この本のおかげでFX取引のたびにハラハラする恐怖が無くなった

これまでFX関連の書籍は非常に沢山読みました。

どれも今の私に役立ってはいるのですが、多くの書籍

  • テクニカル分析やファンダメンタル分析など、投資をする上でのテクニックについて記載している
  • リスク管理については「必ず損切りを入れましょう」「余裕資金でトレードしましょう」程度の簡単な説明

学んだテクニックを実践すると、ポジションを持った瞬間から不安に襲われ、損切りばかりしてしまったり。利益を待てずにかなり小さいところで確定しまったり。

それに対してこの本のすごいところは、 その内容が

リスク管理の計算から始まる。
むしろ終始、リスクの事しか考えていない。

この本の醍醐味は、まさにこれです。

イチに資金計算、ニにリスク管理。
自分の資産とそこから生まれた収益の範囲内でのみ、トレードをする。

  • 暴落に耐えるにはいくらの資金が必要なのか
  • 生まれた収益を次にどうやってリスク回避に使っていくか

具体的な計算方法と、トレードのしかたを説明してくれています。

この本を読んで、自分の資金に対して、いくらの下落(/上昇)まで耐えられるのか、慎重に計算してからスタートできるようになりました。

資金とリスク管理については、マネーパートナーズの社長もよく言及してますね。

口座開設すると度々オンラインで奥山社長の話を聞けて面白いです。

取引金額の具体的な計算方法を学べたおかげで、

価格の乱高下にハラハラすることがなくなり、ポジションを数日間、時には含み損の状態でも持ち続けることができるようになりました。

今回の大損理由は、このバイブルに記載されている資金計算を怠り自分が許容できるリスク以上にポジションをもったことに尽きます・・。

くるくるワイドにも負ける人は「耐えられない枚数を持ってしまう人」って私の事が書いてました。

内容は、FX投資の経験がある中級以上の人向け。

ぶっちゃけ、この本は「FXに興味がある」「これからFXを始めてみたい」という初心者の入門にはまったくならないと思います。

一般的な入門書に書かれている

  • 証券会社の口座の開き方
  • 売り/買いで入るなどの一般的な概念
  • 必要証拠金やスワップ、スプレッド

など、FX取引を始める前に知っておきたい基本的な情報は解説なし

出だしからロング/ショート、必要証拠金を計算に入れると、ドテン・・
すべて知っている前提で話が進みます

逆に、ある程度知識がある人には、基本以上のさらにその先【実践編】という感じ。

スクールや書籍でFXの基本をおさえた私でも、
正直この本の内容を理解するのに5回は読みました。

ご本人の頭の中を惜しみなく大公開、という感じなのでなかなか理解が大変なのですよ。

出てくるトレード方法も1種類ではなく、

  • 本体
  • トラップ
  • 複利ポジション
  • ヘッジトレードで固定ポジション
  • 仮想建値

など、複数の呼び名手法の掛け合わせなので

1個理解して次、そしてまた次、と1つずつ実践しながら「そういうことか」と消化が必要です。

最終的には、魚屋さんも書かれていますが、

型通りにトレードするためにこの本があるのではなくそうか魚屋さんはこういう頭でトレードしているのか、と一周回って考え方を理解できるようになりました。

広告

基本的にはじっくり待つ型のトレード手法

このくるくるワイド投資術は、基本的には、1日に何度も短い動きの中で売買を繰り返すことはなく、目標の金額にたどり着くまで淡々とルールを繰り返していきます。

(むしろ1日に何度もチャートを見る必要がない)

最終的にプラスの収益で終わる計算なのですが、

やはりゴールを待つだけではなくトレードしたくなってしまうもの。

そういった、トレード欲をどう解消するか、についても書かれています。

※テニスを楽しむとかそういう心持ちの話ではなく、ここでもどんなトレードをするか解説されています。

どこまでいっても自分のやり方を大公開。

いずれにせよ、常にリスク管理。ゴールはプラスで終わることです。

おわりに

というわけで、私が崇拝する【FXくるくるワイド投資術】でした。

投資スタイルは人それぞれですし、合う・合わないもありますので無理におすすめはしませんが

  • これまでFXトレードをしてきて、いつもハラハラしている
  • チョウかハンかみたいなトレードで自分のやり方が保証できない

という迷いのある方は、読んでみて損はないと思います。

この本をバイブルにまたトレードをして収益報告をしたいと思います!

ご清聴ありがとうございました!

\Twitter(@odagie)ではブログの更新情報や、日々の暮らしを発信中/

フォローよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました