悲劇【一晩で350万円失いました】FX今日から再スタートです

悲報FXで350万円失いました ラク生活
スポンサーリンク

FXに本気で取り組むこと、かれこれ3年。

3年かけて、150万円の収益をあげました。自己資金400万円を投入し、計550万円

そして今週(というか今日)残高200万円に・・。大損失

ヘコんでおります。コツコツ積み上げた3年の収益が無くなったことも、
仕事で蓄えた自己資金200万円が無くなったことも。

うぅ・・。まだ現実を受け止められない

大金を失った立場で堂々と言いますが、敗因はわかっています。

FXはちゃんとルールを守れば危険な投資ではないです。

これからFXを始めようという方、いまトレード中の方、どうぞ私の惨敗ぶりを見て学んでください。

敗因はシンプル。自分のリスク許容量を超える通貨数を購入した

FXはテクニックよりも何よりも【資金管理】が大重要。

もはや私に説得力がないですが・・。

1日で何百万円も稼ぐトレーダーの方は違うと思いますが、

堅実にFXで自己資金を伸ばすには、いったい自分はいくらまで為替の変動に耐えられるかスタート時点で計算することが、リスク回避の大前提です。

FXのリスク許容量を計算

たとえばドル/円で過去のチャートを見てみると、一番安くて75円、高いと135円のあたりまで金額が動いていることがわかります。

いまのレートが109円として1万通貨買った場合、もしもそこからドルが下落し続けて過去最安値75円まで下げたとすると

(109円-75円)×1万通貨 = 34万円

です。つまり34万円あれば過去最安値にも耐えられる計算になります。
※ここでは分かり易く必要証拠金や証拠金維持率は入れずに考えています。

自分がいくらまでなら許容できるのか、こうした計算をしながら、あとはコツコツトレードするのみなのですが

今回の敗因はまさにこのリスク許容をちゃんと計算できていなかったことに尽きます。

リスク管理を学ぶなら、おすすめ書籍はこれ

● 『FXくるくるワイド投資術 年率200%稼げる常勝の法則 』(楽天) (Amazon)

スタートから許容を超える通貨数でトレード

わたしが主にトレードする通貨ペアはユーロ/ポンドです。

2020年3月ユーロポンド

この通貨ペアを選ぶ理由:

  • ユーロ/ポンドは近年最高値のラインをウロウロしており、先ほどの最安値/最高値の時のリスク計算にもとづくと「売り」から入れば許容できる
  • 値動きが激しい通貨ペアなので、収益に繋がりやすくて好き。

というわけで、通常でいけばリーマンショック時の最高値にも耐えられるはずなのです。

わたしは自分のルールとして

  • 値幅が許容できるマイナスを越えたら、トレードをしない
  • 1トレード6000~8000通貨*

*長くなるので書きませんが、細かくトラップを仕掛けるトラリピのようなやり方をしております。6000~8000は1トラップの量です

と決めています。決めていました・・。

赤のラインよりも下がると、抱えるマイナスが私の許容をオーバーするので、トレードしません。

他の通貨も惹かれる金額のものが無かったので、
2020年の1月、2月とトレードできない日々が続きました。

我慢もトレードのうち。

2月末からようやく取引できる金額に上がり始め、2か月稼げなかった気持ちが爆発し

爆買い・・。

通常6000~8000通貨で取引するところを、1万8000通貨つぎ込んだ結果:

3月2週目までウハウハで、昨年1年がかりで100万円だったのが、今年は2週間で50万円の収益になりました。

しかし喜びもつかの間、グングン伸び続けるチャートのライン。あっという間にリーマンショックに次ぐ歴代高値を更新しました。

とても低い金額から大量のポジションを持っていた私は、一気に含み損地獄に。

  • このまま証拠金不足でロスカットになるか
  • 自分で損切りラインを決めるか

悩んだ結果、ロスカットで全財産失うよりも、少しでも手元に金額が残るように「もうここまで来たら降参です」というラインに損切り注文を入れました。

で、今朝。すべて損切りで約定。残金一夜にして200万円自己資金200万円+FXの3年積み上げ150万円を失う

スポンサーリンク

今回あらためて学んだ FX の注意点

今回の痛すぎる経験から、あらためてFX取引をする際の注意点。
これからFXを始めようという方も、すでに始めている方も、ぜひ覚えておいてください。

  • リスク許容量を計算する。
  • 許容量よりも少ない4~5割の数量でトレードする。
  • 「これは行ける!」という感覚で、トレードルールを無視した数量に増やさない。

金額が歴代の最安値/最高値を上回る可能性もあります。リスク許容量に収まると思っていても、 手持ちの資金4~5割ぐらいの、かなり少ない枚数でトレードすることが生き残るカギです。

どれも冷静に考えると当然の事ですが、利益を得ようとするとルールを破ってしまう。

いまが稼ぎ時と思わずに、淡々とトレードするのみです。
こころは無(ム)です。

3年間の積み上げを一瞬で失った私ですが、それでもFXは続けます。
敗因は明らかなので。そしてコツコツ稼げるFXはやっぱり好き。

手元に残った資金で再スタート

2020年3月19日現在の残高: 1,998,435円】

マイナスを取り戻すだけでも何年かかるかわかりませんが、ぜひ今日からスタートして浮上する様子を見守っていただければと思います。

以上、私のマイナス悲劇とFXトレードする際の注意点でした。ご清聴ありがとうございます!今日からコツコツ頑張ります

Twitterフォローはこちら(@odagie)

タイトルとURLをコピーしました