>>パルシステムのお試しセット今だけ税込500円

100均の型で動物チョコレート【店のクオリティに仕上げる】モールドをきれいに外す方法もあります

キャンドゥの型で動物チョコ ラク生活
スポンサーリンク

バレンタインデーは動物チョコレートを配りたい!

こんにちは、チョコレート大好きおだぎぃ(@odagie)です。

いつもお世話になっているお客様や仕事仲間に、かわいい動物チョコレートを差し上げたい!

通販で動物チョコレートを探しましたが、手が込んでいるチョコはなかなかのお値段です。

たくさんの人に気兼ねなくお配りしたいので、今年は手作り動物チョコレートを大量生産します!

すべて100円ショップ(キャンドゥ)の道具と材料で、とってもかわいいチョコレートが完成しました。

ぜひ動物チョコレートづくり、お楽しみください♪

ぜんぶ100円!動物チョコレート材料

すべてCan★Doキャンドゥで揃えました。

動物チョコレート★道具と材料
  • チョコレート型(モールド)
  • チョコレート・・ホワイトがおすすめ。型6個で1袋60gくらい使います。
  • チョコペン・・好きな色でオーケー
  • ロリポップスティック
  • 包装用ギフトバッグ

必須ではありませんが、耐熱の紙カップもあると非常に便利です。こちらもキャンドゥで購入しました。

①モールド(チョコレート型)の準備

まずは動物チョコレートの型、モールドの準備をします。

食用油をしみ込ませた布(キッチンペーパーでOK)で、型を拭きます。

  • 油が型に溜まらないように注意。溜まるとペンがにじみます。
  • 型に残りやすい、肉球やヒゲなど細かい部分こそ丁寧に拭きます
チョコレート型モールドの準備

これをすることで、細かい部分がモールドに残らずに、きれいに型からはずすことができます。

これさえすれば、チョコづくり9割は成功と言えます!

②チョコペンで目や鼻のパーツを書く

キャンドゥのチョコレート型モールド

チョコペンをお湯で溶かします。
耐熱カップに水を入れ、レンジで1分30秒~2分ほど加熱。その後ペンを浸します。
パーツを描いて固まるまで待ちます。

  • ペン先にお湯が入らないように気をつけて。
  • ペン先が固まって出てこない時は、お湯を傾けて先まで温めるか、つまようじで先をさしてあげます。

はみ出ても、仕上がりは全然かわいいです。

③チョコレート流し込み

100均のチョコレート型で動物チョコレート

チョコレートを湯せんにかけて溶かし、スプーンで型に流します。

こまめにトントンテーブルに叩いて空気を抜き、全体にチョコが行き渡るようにします。

湯せんの時も、耐熱カップが便利です。

チョコレートを耐熱カップを使って湯せん

カップの水をレンジであたためて、小皿をのせて湯せんしています。

スティックを刺して、冷やし固める

ロリポップスティックを置きます。

チョコがちゃんと付くように、スティックはくるくる回して置きます。

スティックが下がってチョコから外れてしまいそうな時は、スティックの下を台上げします。

常温で2~3時間置いて、しっかり冷めたら、冷蔵庫に入れます。(最低1時間)

チョコレートは常温で固めるのが舌ざわりの良さを保てるのですが、

動物チョコレートは「しっとりした食感」よりも、ポップなキャンディみたいなイメージの方が合っていると思い、冷蔵庫でカチカチに冷やすのが、個人的には好みです。

温度差がはげしいと、表面に白い粉がふく「シュガーブルーム」が起こる確率が高まるので、しっかり常温で冷ましてから冷蔵庫にいれます。

冷蔵庫をつかって、しっかり固めよう。温度変化に注意!

ラッピングをして完成★

動物チョコレートラッピング

冷蔵庫から取り出したら、すぐにラッピングバッグに入れます。

プレゼントする日までしばらくある場合、すぐに冷蔵庫に戻します。

前述のとおり、温度差があるとチョコレートの表面が白くなってしまいます。

冷蔵庫からあたたかい場所に出す、また戻すもできるだけすばやく行います。

ラッピングは、ちょっと空気でふくらむ感じに包むと、とってもかわいく仕上がります。

以上、すべて100均のアイテムだけで、かわいい動物チョコレートが完成しました!

失敗事例に学ぶ:動物チョコレートのコツ

動物チョコレートづくり、色々ためしました。

失敗事例:黒いチョコはこわい

動物チョコレート色白黒

ホワイトチョコレート以外に、ふつうの茶色ミルクチョコレートも作ってみましたが・・ちょっとこわい。

食べる印象も、黒はずっしりくるので、ホワイトチョコレートがおすすめです。

ホワイトチョコレートで動物チョコレート作ろう

失敗事例:型からチョコレートが外れない

チョコレート型からうまくはずれない

モールドを油で拭かずに直接チョコレートをいれたところ、見事にズタボロな姿に。

冷蔵庫で冷やしても同様でした。

モールドは、食用油でしっかり細部まで拭こう

失敗事例:あとからチョコペンで書いた

モールドは型がヘコんでいる部分と凸になっている部分があります。

モールドの凹凸

凸部分はチョコペン作業が少し大変ですが、凹凸関係なくチョコペン作業は一緒に済ませるのが良いです。チョコを固めてから後乗せすると、つやがなく、手づくり素人感が出る仕上がりになります・・。

チョコペン作業は、モールドの凹凸どちらも一緒に済ませよう

かわいい動物チョコレート作ろう♪

キャンドゥには動物以外にも、色んな型がありました。パーツが細かいほど、難易度が★★★UPなので、お子様むけにはシンプルな型がおすすめです。

シンプルでもチョコペンが入ると、とてもかわいく仕上がります♪

シンプルもかわいいアヒルの動物チョコレート

たくさん作って、かわいい動物チョコレートをプレゼントしよう

それでは、
Enjoyかわいい動物チョコレートづくり♪

ご清聴ありがとうございました!

\Twitter(@odagie)ではブログの更新情報や、日々の暮らしを発信中/

フォローよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました