ローテンブルクの城壁歩き②【後編】続・観光スポットと夜警さん?

ローテンブルク観光スポット後編 旅ノウハウ
スポンサーリンク

友達にすすめたいドイツの街、ローテンブルク

城壁に囲まれたローテンブルク市内に1泊。

前半は、市庁舎や城壁歩きなど、友達にぜひ見てもらいたいローテンブルクのおすすめ4強スポットを巡りました。

本日は【ローテンブルク後編】
前編で書ききれなかった観光スポットのほか、ローテンブルクで有名な「夜警」ガイドも出てきます。

  • ドイツに興味がある人
  • 短期旅行でドイツおすすめの街を知りたい人
  • ローテンブルクの情報をお探しの人

コンパクトでドイツの魅力が詰まった町ローテンブルク、とってもおすすめです♪

(2019年9月の旅情報)

続・ローテンブルクの観光スポット

前編で記載したほかにも、歩いて回れる小さな町なのに、ローテンブルクは見どころが満載です。

見たところを一挙公開。

聖ヤコブ教会

市庁塔から見えた、こちらです。
(市庁塔について詳しくは【ローテンブルクの城壁歩き①前編】をご覧ください。)

タワーから見える聖ヤコブ教会

プロテスタントの教会。

歩いてそばに行ってみます。教会の中には入りませんでした・・。

ヨーロッパの色んな教会を見て、教会疲れ。いつも何を見ればいいかわからないんですよね。

聖ヤコブ教会の外観
聖ヤコブ教会

ローテンブルク公式サイトによると、どうやら教会案内ガイドツアーが毎日行われているようです。知らなかった。

興味のある方はぜひインフォメーションで聞いてみてください。

説明があった方がみどころがわかって、教会見学は格段に面白くなります。

Rothenburg ob der Tauber 聖ヤコブ教会

月ー土曜 9:00-17:15
日・祝日 10:45-17:15
大人 2.50ユーロ

(2019年9月)

テディランド TEDDYLAND

これも前編のおすすめスポットに入れても良かったかもな。

テディランド

ドイツといえばシュタイフ。動物のぬいぐるみで有名なメーカーです。

シュタイフsteiff

ギーンゲンという町にあるシュタイフミュージアムも行ったことがあるのですが、そこまで行く時間のない旅行者や大人は、

このローテンブルクのテディランドで十分な気が・・。シュタイフの商品もけっこう置いてあります。

せっかくドイツに来たならこちらテディランドで、ドイツの名品をご覧ください。ほんとドイツ巡りがローテンブルクで完結してしまう。

ケーテ・ウォルファルト本店「クリスマスビレッジ」

こちらもローテンブルクと言えば、という場所です。

年中クリスマスで有名なストア。ドイツを中心に、ヨーロッパに何店舗かありますが、なんとこのローテンブルクにあるお店が本店なのです。
お店の前のアイコニックな車が目印。

クリスマス関連のグッズが沢山売られていて、無料で入ることができます。物欲のない私はtake freeのポストカードをもらいました。

店内の奥は「クリスマスミュージアム」で有料です。

クリスマスミュージアム公式サイト(英語)

城塞公園 Burggarten

ローテンブルク城塞公園

うん、季節によってはお花が咲いてたりするみたいですが、9月は閑散としてました。

ぐるっと一回りして退散。

街を反対側から眺めながら、誰かとのんびり語らいたくなるベンチがあります。

市参事宴会場の仕掛け時計

市参事宴会場の仕掛け時計

インフォメーションが入っている建物です。マルクト広場に人だかりができていて、行ってみたら見ることができました。

毎日11時~15時と20時~22時。
一瞬ではありますが、ローテンブルクでしか見られないのでぜひご覧ください。

からくり時計の人形は、ヌッシュ元市長の伝説にもとづいています。
伝説の詳しい話は、ab-roadの下記記事が参考になります。

ドイツでたまに見かける可愛いこれは一体何者なんだろう(?)

かわいいドイツ

今度しらべてみよう。

歩いているうちに暗くなってきました。

行かなかったスポット

ローテンブルクには他にも、

  • 中世犯罪博物館(Mittelalterliches Kriminalmuseum)
  • 郷土博物館(Reichsstadtmuseum)
  • 歴史物展示室(Historiengewölbe)

などがあります。

クリミナルミュージアムとか怖いから入り口だけでやめました。拷問などが行われていた時代の資料があるそうです。けっこう重要な資料館だとか。

お楽しみの夜警?

暗くなってから。夜警ツアーが始まりました。

「夜警」によるナイトガイドは、ローテンブルグの観光名物の1つで、ガイドブックやインフォメーションセンターでも見かけます。

ローテンブルク公式サイト

夜警と歩く市内散策ツアー – ローテンブルグの伝説男による語り

ローテンブルグの伝説の男

この男有名になれるんじゃないですか? – 何を言ってます。ドイツの市内観光ガイドの中ではとっくに知られているスターです。中にはローテンブルグ出身の彼を公然と真似する者さえいるほど。

宿泊先でも入り口のボードに「おすすめはナイトガイドだよ!(詳しくはインフォメーションセンターへ)」と書いてある。

よくわからないけれど、色んなところでプッシュされているので、行ってみることにしました。

特に申込は無く、現場キャッシュ支払い・広場集合です。

英語またはドイツ語で、それぞれ時間違いでグループに分かれてます。時間は20~21時頃で、シーズンによって違うのでインフォメーションを確認してください。

人がいっぱい。キャッシュを払う前に、夜警のちょっとしたジョーク話を10分くらい聞きます。なかなか出発しないんだな・・。

英語はわかるんですが、うーん。正直ですねぇ、私の笑いのツボには刺さらず。一部のワハハて聞いてる人に合わせてワハハも何なので、前座だけ聞いて抜けちゃいました・・。

私同様、脱落する人もチラホラ。

本当はこの後が本番で、街を一緒に歩くので、興味のある方は行ってみてください・・。

他にも有料ガイドはあるみたい

実は夜のツアーグループ、この公式ガイド以外にもあちこちにいて、流ちょうな英語でまじめに歴史を語っているツアーチームもいました。楽しそう。

参加していた人に「このグループもインフォメーションのガイドなの??」と聞いたらパッケージ旅行に付属のガイドだそうです。なるほど・・。

インフォメーションでは個人向けガイドも紹介してもらえるようなので、夜のガイドで歴史を学ぶのもありですね。

そして夜は続く・・

ローテンブルク夜の街

夜警ツアーに予定していた時間が短縮されて、ゆっくり夜のレストランへ向かいます。

今夜のために、宿泊先のオーナーにおすすめレストランを聞いておきました。

そして夜のレストランを1人ではあまり利用しない人間が、めったに体験しないお食事をすることに・・。

オーナーおすすめレストラン情報を含め、こちらも情報が満載になってしまいました。

というわけで、最終章の【ローテンブルクのレストラン】の話に続きます。

美味しいレストランを知りたい人はぜひご覧ください。

本日はここまで。
それでは、Enjoy, ローテンブルクの旅♪

前半のお話はこちら

\Twitter(@odagie)ではブログの更新情報や、日常を発信中/

フォローよろしくお願いします

タイトルとURLをコピーしました