ローテンブルク【ディナー編】地元店主の☆おすすめレストラン2選☆

旅ノウハウ
スポンサーリンク

ドイツのローテンブルクに行ったら、おすすめのレストランはありますか?

ドイツ観光におすすめの街、ローテンブルク。前回記事では、ローテンブルクの見どころをご紹介しております。

詳しい場所や行き方は前編。

ローテンブルクの城壁歩き①【前編】ドイツ観光する友人におすすめの街
ローテンブルクの城壁歩き②【後編】続・観光スポットと夜警さん?

城壁に囲まれた中に1泊して、昼間の街歩きも、夜の散策も楽しみました。

本日は、ローテンブルク【地元店主おすすめのレストラン情報】です。

これからドイツに行く方、ローテンブルクに行かれる方、ぜひ美味しいドイツ料理をこちらでお楽しみください♪

ドイツ料理が食べたい

旅行中の外食はランチが基本のワタシ。

  • 夜より安く済む
  • 1人でも気軽に入れる

1人旅で「夜の外食」は接客が手厚い分ちょっと高いし、緊張してしまいます

ドイツ滞在が、もうすぐ終わりということで奮発して、夜のレストランでドイツ料理を楽しむことにしました。

ローテンブルクで宿泊した宿が、野菜や雑貨を売る小さな商店だったので、オーナーのおすすめレストランを聞いてみることに。

「ここの店主がすすめるレストランなら間違いない」はず。

目当ての料理

ちなみに「今夜食べる」と心に決めていた料理はこちらです:

ザウアーブラーテンSauerbraten

【ザウアーブラーテン】写真はローテンブルクではなく、過去に別のお店で食べた時のものです。

牛肉をじっくり酢漬けにしてからローストしたドイツ料理で、お肉の脂っこさが無くてさっぱりなのに肉ニクしい。付け合わせには通常

  • クヌーデル(じゃがいもや小麦のお団子)
  • ザワークラウト(キャベツの酢漬け)

が添えられていて、こちらもドイツ料理の代表格です。

ワンプレートでドイツ料理を楽しめるので、ドイツに行ったらぜひお召し上がりください。

というわけで、外食するといつもザウアーブラーテンばかり食べていますが、最後なので今夜もこれを食べたいです。

店主おすすめのレストラン2軒

あらかじめ聞いておいた、宿泊先のご主人のおすすめレストラン。

八百屋みたいなとこに泊まったので、ここの主人のおすすめなら間違いないはず!

予定していた夜の「夜警ツアー」不参加(詳しくは後編にあり)になり、のんびり食事に向かいます。

ドイツ料理を食べれるレストラン、ご主人のおすすめは2軒です:

①Gasthof Goldener Greifen(ガストホフ・ゴールドナー・グライフェン)

Gasthof Goldener Greifen (ローテンブルク) の口コミ439件 - トリップアドバイザー
Gasthof Goldener Greifen(ローテンブルク)に行くならトリップアドバイザーで口コミ、地図や写真を事前にチェック!Gasthof Goldener Greifenはローテンブルクで13位(87件中)、4点の評価を受けています。

ご主人のおすすめはどちらかと言えばこちらで、最高にうまいと言っていました。

たしかに、間違いなさそう。

①から行ってみたところ、混んでました。

入り口でウェイターさんに「ザウアーブラーテン(←食べたい料理)はありますか?」と聞いたところ、まさかの「無い」。2件目に向かいます。

ザウアーブラーテン?
スタッフド・ポークて書いてある。これでも良かったな。。次回はこれを食べます。

②Hotel Reichsküchenmeister(ホテル・ライヒキュッヘンマイスター)

Hotel Reichsküchenmeister
Hotel Reichskuechenmeister, the heart of rothenburg (ローテンブルク) の口コミ889件 - トリップアドバイザー
Hotel Reichskuechenmeister, the heart of rothenburg(ローテンブルク)に行くならトリップアドバイザーで口コミ、地図や写真を事前にチェック!Hotel Reichskuechenmeister, the heart of rothenburgはローテンブルクで12位(87...

②に到着。かわいい。外からだと店内の雰囲気がわかりません。
今夜は大人の食事をするんだ!ということで思い切って入店。

「ザウワーブラーテンはここで食べれますか?」

「あるよ。」

よし、行ってみましょう!

実食 – Hotel Reichsküchenmeister –

ぬぉぉ。テーブルナプキンが並ぶ、みるからにアッパー階層のお店。

たくさんの人でザワザワにぎわう
①Gasthof Goldener Greifen(ガストホフ・ゴールドナー・グライフェン)と異なり、

こちら Reichsküchenmeister(ライヒキュッヘンマイスター)は、しっとり、優雅にみなさまがお食事をされています。

ザ・エレガント

ここに30代1人はちょっと・・。リュックをやめた自分を褒めました。

いただきましたザウアーブラーテンはこちら。

おいしゅうございます。クヌーデル(ジャガイモのお団子みたいなやつ)がこんな綺麗なまん丸、さすが。

付け合わせのザワークラウトが、まさかの別皿でした。

ローテンブルクの夕食

プレートのキャベツが減るとボーイさんがよそってくれます・・。

こんな体験、ドイツではじめてしました。

フランクフルトでも驚き体験がありましたが、ローテンブルクでもこんな人生経験をつむとは。(フランクフルト話はこちら

テーブルについてくれたボーイさんは、とても若いハンサムお兄さんでした。

・人生まだまだ若輩者には若いやつ
・英語が話せる
・かっこいいの好きでしょ

いずれかの戦略だと思いますが、とりあえず1人客オロオロ人間にも、やさしく接してくれました。別のテーブルではシニアな皆様が、カードゲームを楽しまれてます。

人生経験つんで、また来ます。

お兄さんチップ多めで、ニコニコ喜んでくれました。

友人に勧めるレストランは

というわけで、店主おすすめの2軒、それぞれ雰囲気がありました。

実際に利用した②Reichsküchenmeister(ライヒキュッヘンマイスター)は、とても大人な雰囲気。あらためてインスタを見たところ

うん、これは大人ですね。

②Reichsküchenmeister(ライヒキュッヘンマイスター)は

新婚旅行ご両親との旅行など
落ち着いた雰囲気のところで、静かに会話も楽しみたい人には、こちらがおすすめです。

ちょっと敷居が高いけれど、1人旅行者にも実はこちらが良いと思います。

なぜなら家族連れや旅行客など、まわりのテーブルのにぎわいを気にせず、ゆっくり食事を楽しめるからです。

味はもちろん、美味しいです。
カジュアルな雰囲気ではないので、ご注意を。

賑わうお客さん達に囲まれることなく、1人でも、食事をしっかり楽しむことができます。

少しドキドキしましたが、ゆっくり夜のレストランを1人で楽しめる良い経験をすることができました。お礼もかねて、また行きたい。

そして!初めてドイツに行かれる方、

Gasthof Goldener Greifen(ガストホフ・ゴールドナー・グライフェン)
ぜひ行ってみてください。

純粋に美味しそう。店主のおすすめナンバー1でもあります。

友達同士やグループで、ワイワイ楽しい食事を楽しめるのは、こちら①Greifen(グライフェン)の印象でした。

私も帰国してからインスタやホームページを見て、グライフェンを試さずに終わったことをちょっぴり後悔。

お昼に行くのもありですね♪

ぜひ、ローテンブルクで本場ドイツの味をお楽しみください。
以上【ローテンブルクの地元店主おすすめのレストラン2選】でした!

それでは、
Enjoy, ローテンブルクの旅♪

\Twitter(@odagie)ではブログの更新情報や、日々の暮らしを発信中/

フォローよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました